大分の野菜畑 豊後大野のホームページです!

大分の野菜畑

大分県豊後大野市は大分県南西部に位置し、大野川及びその支流河川の豊かな水利を利用した水田地帯と県内屈指の基盤整備された畑作地帯を有しています。気候は瀬戸内気候から山地気候に属し、平坦地の年平均気温は15~16℃、年間降水量は1,800mm程で四季を通じておおむね温暖で農業生産に適しています。
豊後大野市プロモーション動画 BUNGOONO CITY,, OITA JAPAN(Image)4K

 その立地条件を活かして、水田では、水稲・麦・大豆等の土地利用型作物の生産が行われ、広大で肥沃な畑地では、かんしょ・さといも・白ねぎ・夏秋なす・ゴーヤ等の露地野菜や、施設を利用した夏秋ピーマン・スイートピー・きく等が生産されています。

夏秋ピーマン

大分県の夏秋ピーマンは 全国有数の産地です。豊後大野市においては、 臼杵市に次ぐ産地となっており、灌漑施設の整った農地で多く栽培されています。 出荷時期は5月から11月で出荷先は九州・中国•関西地方を中心に出荷されています。

JA・県・市による「黄化えそ病」対策 市内ピーマンハウス全戸巡回

「プルコギピーマンフライ」給食で美味しくいただきました


さといも
(サトイモ)

豊後大野市の里芋は古くから栽培されている品目です。
大分県の1/3の出荷量を有し「里丸くん」のネーミングで販売しています。 出荷時期は10月から2月で、 九州•関西地方を中心に出荷されています。

「未利用資源」を活用した商品PRコーナー ~「いもの力屋」さん~


かんしょ
(さつまいも)

豊後大野市のかんしょは畑地帯を中心に古くから栽培されています。
近年は、 しっとりとした食感の高糖度かんしょ「甘太くん」の栽培を進めてきました。
収穫後、 40日以上の熟成期間を設け、糖度を上げて出荷しています。
出荷時期は12月から3月で、主に九州・関西地方に出荷されますが、香港・シンガポール等に輸出もされています。

「未利用資源」を活用した商品PRコーナー ~「いもの力屋」さん~


白ねぎ

豊後大野市の白ねぎは、 豊後高田市に次ぐ産地であり、畑地帯で土地利用型作物として拡大しています。
主な出荷時期は10月から3月ですが、 大規模農家では年間を通じて出荷しています。
出荷先は九州•関西地方を中心に出荷されています。

JAおおいた豊後大野白ねぎ部会主催「目揃い会」


夏秋ナス

夏秋ナスは、 水田で栽培されており県下を代表する産地です。
出荷時期は5月から11月で、 九州•関西地方を中心に出荷されています。


ゴーヤ

ゴーヤは、比較的高齢な方でも栽培できることから市内各地で栽培されています。
苦味が特徴で、夏場の健康野菜です。
出荷時期は5月から10月で、九州・中国・関西地方を中心に出荷されています。

今からが旬!“ゴーヤ”がたわわに実っています


キク

近年、 参入されて農家が規模拡大や研修生を受け入れ、のれん分方式による就農支援などの取組みをしています。
このようなことで、豊後大野市はキクの切花本数で県下1位となっています。
生産は年間を通じて関東地方を中心に出荷されています。


スイートピー

豊後大野市のスイ ー トピーは、 豊後高田市に次ぐ産地で大野町を中心に栽培されています。
花色のバリエーションも多く、 品質は高い評価を頂いています。
出荷は、 11月から4月で九州•関西 •関東地方に出荷されています。


かぼす

かぼすは大分県の特産であり、竹田市・ 臼杵市を中心に県内各地域で栽培されています。
豊後大野市でも栽培されており、 竹田市との共同出荷をしています。
出荷時期は8月から11月で、 九州 •関西•関東地方へ出荷されています。

緒方町の阿南忠彦さん、功労者として表彰される!


栗(くり)

豊後大野市のくりは、 県下有数の出荷量を有し300名以上の出荷者がいます。
出荷は、 8月から10月で九州地方を中心に出荷されています。

秋の味覚の代表格「栗」の季節がやってきましたよ!


夏秋ピーマン、さといも(サトイモ)、かんしょ(さつまいも)、白ねぎ、夏秋ナス、ゴーヤ、キク、スイートピー、かぼす、栗(くり)